単身女性や同性パートナーのいる女性が母親になりたい場合

母親になりたい女性に男性パートナーがいない場合やパートナーが女性の場合、生殖補助医療を受ける事が出来ます。スペインでは、生殖補助医療技術に関する法律14/2006第6条で規定され、合法です:

「十分な行動力のある18歳以上の全ての女性は、その治療の実施を自身の意志で、承諾し、明確に合意書に同意した上で、法律で整備されている全治療技術の使用者若しくは受診者になる事が出来る。女性は婚姻関係や性的指向に関係なく、法整備されている全治療技術の使用者若しくは受診者になる事が出来る。」

Euginクリニックでは、あなたの母親になる願いを叶えるお手伝いをします。

どのような選択肢がありますか?
年齢や医療履歴に基づき、下記のような治療方法をお勧めします:

  • 非配偶者間人工授精(AID)

    非配偶者間人工授精(AID)

    詳細を見る>

  • 自己卵子と提供精子を用いる体外受精

    自己卵子と提供精子を用いる体外受精

    詳細を見る>

  • 提供卵子と提供精子を用いる体外受精

    提供卵子と提供精子を用いる体外受精

    詳細を見る>

最終更新: 5月, 2015
Euginが提案するあなたの為の 治療法をご覧下さい