IVF WITNESS によるダブルセキュリティーシステム

“IVF WITNESS” によるダブルセキュリティーシステム

生殖補助医療治療における最高のセキュリティーを保証

移植されないサンプルは、個人認証管理のされた状態で凍結されます。

エラーは起こりえませんが、もしある場合にはシステムがプロセスを中断します。

培養室では無線リーダーにより、サンプルの個人認証を自動的に行います。

更に、患者様情報を含むマイクロチップを追加します。

患者様ごとの治療情報データを含んだ、診察券をお渡しします。中央サーバーに保存されます。

受付
患者様毎に個人認識番号をお渡ししています。

サンプルの管理
サンプルは患者様毎の番号をバーコードへ記載する事で個人認識されます。

授精
サンプルの個人認証を行い正しいことを確認した後、授精を行います。

胚移植
移植の前に全ての個人認証を行います。

全過程において、精液サンプル、卵子及び胚は最高3名の専門スタッフの確認を経ています。

胚移植前に、患者様ご本人様においても、サンプルが正しいものである事を確認頂きます。

トリプルチェックとIVF WITNESSのマイクロチップ管理により、総合的なセキュリティーを提供します。

この新しいセキュリティーシステムにより、
従来の徹底されたセキュリティーシステムをより強化しています。
最終更新: 5月, 2015
Euginが提案するあなたの為の 治療法をご覧下さい