卵子のガラス化保存法(超急速凍結法)

卵子のガラス化保存法(超急速凍結法)

ガラス化保存法とは、女性の成熟した卵子を保存する技術です。超急速凍結するこの方法では、細胞を同じ状態のまま半永久的に保存する事が可能です。

卵子のガラス化保存法(超急速凍結法)

女性の生殖細胞である卵子は、水分を多く含んでいます。卵子を凍結する際には、卵子の破壊を招く結晶が出来てしまわないよう慎重に準備が行われますます。ワンセットの成熟卵母細胞が選定されると、各細胞をスクロース液(ガラス化液)が入った容器に個々別々に投入し作業を進めていきます-この過程により細胞内の水分を素早く脱水します-。そして代わりに凍結保護剤を迅速に細胞に浸透させます。その後卵子は-196℃で一瞬にして凍結され、細胞の構成要素を傷つける事無く、安定した状態にて保存されます。

凍結卵が必要になった際には、凍結した時とは逆のプロセスにて融解を行っていきます。この技法により、細胞を凍結時と全く同じ状態に保ちつつ、略全ての細胞を生存させる事が可能となっています。以上のプロセス後、受精を進めていく事になります。

同一の受精率

我々の研究では、カラス化保存法にて凍結された卵子と、女性の身体より採卵されたばかりの卵子では受精率は略同一であることが分かっています。 また、ガラス化保存法では、卵子を元の状態のまま半永久的に保存する事が出来る他、より適切な時点での胚移植が可能となる等の利点があります。

Euginが提案するあなたの為の 治療法をご覧下さい