EUGINは、提供者へ特定疾患検査を実施しているヨーロッパ初の生殖補助医療クリニックです

この検査により、提供者と父親からお子様へ重篤な遺伝性疾患が遺伝してしまうリスクをなくします

EUGINは、提供者へ特定疾患検査を実施しているヨーロッパ初の生殖補助医療クリニックです

嚢胞性線維症、筋ジストロフィー、脆弱X症候群など、最高250種の重篤遺伝性疾患の遺伝リスクを生殖補助医療によりなくす事が可能です。EUGINクリニックでは、ヨーロッパにおける卵子提供を伴う治療の10%を実施しており、卵子バンクの卵子においてこれらの疾患を検出するための厳しい検査を適用しております。

検査は血液検査により行われ、提供者がこれら250種の遺伝性疾患のキャリアであるかを調べます。実際に、多くの人々が知らずに何らかの遺伝性疾患のキャリアであるケースはとても多いものです:これは、キャリアであっても発病しないためです。100組に4組のカップルに、これらの遺伝性疾患を子供に遺伝させてしまうリスクがあると言われています。

重篤な遺伝性疾患に的を絞る

“「私達が意味する遺伝性疾患とは、症状が重いものでお子様に遺伝した場合に命の危険につながる可能性のあるものです」とEUGINの研究責任者である医師ヴァネッサ・リタは話します。「私達の目的は生殖補助医療により、健康な子供が誕生することです。また今日の医療技術、科学の発展により、これらの疾患へ制限をかけることが可能になりました」と付け加えます。

スペインでは、100人に1人の赤ちゃんが何らかの疾患を患っているとヴァネッサ医師は話します。「これらの疾患は、大きな失望につながることもあり、赤ちゃんの生活のクオリティーそしてご家族に大きなインパクトを与えてしまうものです」と話します。

強固な決意

このような理由にて,Euginは「3人の親」の遺伝子を受け継ぐ体外受精技術の発展を担うニューカッスル大学の研究チームとの協力への合意に至りました。

最終更新: 5月, 2015
Euginが提案するあなたの為の 治療法をご覧下さい