PGD:着床前診断

PGD:着床前診断

PGD若しくは着床前診断は、DNAを検査する事により、特定の条件を満たす卵子若しくは胚の選別を行う技術です。

この技術は、遺伝性異常の可能性を回避する事を目的としています。
家族に遺伝性疾患や染色体異常の経歴がある場合に、体外受精治療の中で実施されます。
卵子及び胚を用いての診断が可能ですが、胚を用いる診断の方がより正確な結果につながります
遺伝性異常は特定の遺伝子にのみ影響する為、その遺伝子の検出により嚢胞性線維症、サラセミア、筋ジストロフィー等の遺伝性疾患を回避出来ます
染色体異常は染色体の数やその構造に反映され、この技術を用いる事でターナー症候群やダウン症の可能性を検出する事が出来ます
遺伝性異常は特定の遺伝子にのみ影響する為、その遺伝子の検出により嚢胞性線維症、サラセミア、筋ジストロフィー等の遺伝性疾患を回避出来ます。

染色体異常は染色体の数やその構造に反映され、この技術を用いる事でターナー症候群やダウン症の可能性を検出する事が出来ます。

遺伝子検査
体外受精実施後、胚移植前に胚の遺伝子検査を行い遺伝子異常の可能性を検出します。

胚が6−8分割の状態、通常受精3日目のタイミングで実施されますが、治療ケースによっては、受精5日目の胚盤胞の状態で実施されることもあります。

胚生検
受精卵1つずつの生検を行い、特定の先天性疾患のある胚を検出します。

胚移植
1~3個の良好な胚を移植します。

移植されない胚は凍結保存が可能です。

着床前診断 (PGD)
A

遺伝子検査. 体外受精実施後、胚移植前に胚の遺伝子検査を行い遺伝子異常の可能性を検出します。 胚が6-8細胞期のタイミングで行われ、通常3日目に当たります

B

胚生検。 受精卵1つずつの生検を行い、特定の先天性疾患のある胚を検出します。
C

胚移植。 1~3個の良好な胚を移植します

PGD若しくは着床前診断は、必要な条件を満たした卵子若しくは胚の選別、及び遺伝性疾患の可能性を排除する目的でDNAを検査する技術です。

:この技術は家族に遺伝性疾患や染色体異常がある場合に有効で、体外受精治療の一環として行われます。

診断結果は次の2つの方法で取得する事が出来ます:

胚の着床前診断

この検査は、胚が6−8分割の状態、通常受精3日目のタイミングで実施されますが、治療ケースによっては、受精5日目の胚盤胞の状態で実施されることもあります。

この検査は、胚が6-8細胞期の状態の時に行われ、通常3日目に行われます。遺伝物質の検査は、各胚の生検により採取され、遺伝性疾患のある胚は除外されます。この方法で、良好な状態の胚のみを子宮へ移植します。

卵子の着床前診断

卵子の着床診断では、胚生成前に卵子に存在する遺伝子異常や染色体異常の可能性を排除出来ます。

この検査は、卵子の一部、極体を分析する為、母親側にある遺伝性疾患の可能性のみを検出します。

成熟卵子の検査は、卵子を包む透明帯の一部を切開し、極体生検を行います。極体を取り出した後、卵細胞質内精子注入法(ICSI)により卵子と精子の受精を行います。2日後に分かる極体の遺伝子診断結果に基づき、健康な卵子から生成された胚を選択し移植します。

最終更新: 1月, 2017
Euginが提案するあなたの為の 治療法をご覧下さい