生殖力の保存

ガラス化保存法による卵子凍結保存技術の躍進により、今日では卵子の保存が可能です。使用を決断する時まで、現状のまま保存する事が出来ます。

この技術は主に2つの場合に適用されます:

医学的な理由によるもの

医療行為によっては、卵子の現在の生殖力に取り返しのつかないダメージを与えてしまう事があります。

詳しく見る…

x
医学的な理由による生殖力の保存

女性の将来の生殖力に影響を及ぼしてしまう病気が存在します:腫瘍形成、子宮内膜症、自己免疫性疾患若しくは良性のものであっても外科的処置により生殖力が減少してしまい、将来なかなか子供が出来なかったり困難となる事があります。

これらの病気の治療法は、治癒確立を含め飛躍的に改善されています。

腫瘍は、高齢の女性に見られる場合が多い多いですが、幼少期、思春期若しくは若年期の場合であっても軽視すべきものではありません。生殖可能期間若しくはその前の時期の女性の場合、この病気を治癒するのに必要な治療(手術、化学療法、放射線療法若しくはその他の免疫抑制治療)が将来の妊娠の可能性を減少若しくは消滅させてしまう可能性があります。

女性が何らかの病気の診断を受けた場合、その病気の治癒が先決ですが、医療の専門家である私達は、治癒後にその女性が子供を望む可能性について考慮すべきです。

卵巣は非常にデリケートな臓器で、薬剤特に腫瘍内科にて使用されるものによりダメージを受けてしまいます。正しい排卵が出来なくなってしまったり、健康な子供になる胚を生成出来る卵子の質が失われてしまう可能性があります。

様々な医療社会において、これらの病気の場合の対応ガイドが作成され、その中で推薦される項目の1つが、患者様へ今日存在する生殖力の保存の可能性について説明をする事です。

最も使用されている生殖力保存技術の1つがガラス化保存による卵子の凍結です。この方法により、女性が病気を治癒した時点で、ご自身の卵子での妊娠を検討する事が可能です。

プロセスは、卵巣刺激により複数の卵胞の成長を促し、静脈鎮静法を用いて採卵を行い、複数の卵子の採取を目標とします。

女性の年齢が40歳以上の場合には、個別に診断を行う必要があります。常に、女性は医師のアドバイスを受け、年齢や卵巣予備能に合わせた明確な情報を得る事が大切です。

卵巣刺激に用いられる薬剤は、個別に処方されます。例えば、乳癌のケースでは、処方時にエストロゲンのレベルを最小限に抑えられます。

このような場合、迅速対応が要求されます。EUGINクリニックは、その点を十分に理解し、治療方法は生殖力保存の治療開始を遅延させないよう考えられています。

今すぐサポートをご希望される場合にはこちらをクリック

社会的な理由によるもの

生殖力は年齢とともに低下します。今日、卵子の凍結保存によりこの生殖力の低下をストップさせる事が可能です。

EUGINクリニックでは専門医療サービスをご用意しております。こちらよりお問い合わせ下さい Timefreeze

最終更新: 7月, 2015